公益財団法人 世界宗教者平和会議日本委員会

Heartful Message

こころの扉

今、できることの有り難さを胸に

カトリック・WCRP日本委員会女性部会委員 小宮山延子

今新型コロナウイルスという見えない敵との戦いで世界中が感染拡大の脅威にさらされています。ひとりひとりが自分と周りの人々への感染を防ぎ、この脅威に皆が打ち勝つために、各自が自粛体制をとることを余儀なくされています。今世界中の人々が“感染防止の対策手段”を講じるなかで、自分との内的な闘いがあり、そしてそこに霊的・精神的な戦いをも含めなければ、私たちが宗教者として存在する意味がありません。私たちは皆、否応なく人間のもろさ、弱さを知らされた未曽有の危機の体験を強いられています。この現実の中でどのように生きぬき乗り越えていけるのでしょうか。今まで当たり前にあったことの意味は、また最も大切なのは何でしょうか。なぜこのような災難が起こるのか? 今の私たちにはわかりませんが、探し続けなければならないことです。

神仏は答えをご存じですが、私たちは苦しみながら、できることを精一杯しながら、神仏に委ねて周りの人々とより深く繋がって、祈り合い助け合って命をいとなむ、それ自体が非常に大事です。この苦しみに御旨を見いだした時、苦しみは意味を持ち、新たな価値観を示す世界が始まることを期待します。

行く先が見えずどうしようもない思いにふさぎ込み、自分の生活が成り立たず死んだかのように見える時でも、私たちの中に確かに宿り続けている神仏の賜物と招き、愛の繋がりを確認する時ではないでしょうか。冬の間、死んだように見えた大自然は、確かにその中に命を保ち続けており、厳しい冬を乗り越え、再び愛のいのちを吹き返しました。皆様とこころを合わせてお祈りします。

いつくしみ深い神よ、新型コロナウイルスの感染拡大によって、今、病に苦しむ人に必要な医療が施され、医療従事者、病者に寄り添う人、家族、すべての人の健康が守られますように。
亡くなった人々が永遠の安らぎに憩われて、天から私たちを見守って下さいますように。
不安と苦難に直面しているすべての人に、支援の手が差し伸べられますように。
希望と慰めのよりどころである聖母マリア、新型コロナウイルス感染から私たちをお護り下さい。

(WCRP会報2020年5月号より)